生コラーゲン 線維芽細胞

コラーゲンを作り出す線維芽細胞

 

このサイトでは生コラーゲンについてお伝えしていますが、コラーゲンというのは身体の中で作り出されるもの。コラーゲンを効率よく身体の外から摂り入れるための方法が生コラーゲンでの吸収ということをお伝えしてきました。ここでは身体の中でコラーゲンが作り出される仕組み、コラーゲンを作り出す線維芽細胞についてご紹介していきます。

 

線維芽細胞は真皮層の中にある細胞で、身体の中でコラーゲンを作り出していますがコラーゲンの他にもヒアルロン酸やエラスチンなどを作り出しています。線維芽細胞細胞の働きが活発だとコラーゲンの生成が活発になりお肌のハリもアップします。線維芽細胞がいつまでも活発ならばいいのですが、人はどうしても歳をとってしまうもの。年を経るとともに線維芽細胞も衰え、シワやたるみが目立つようになってきます。

 

線維芽細胞は皮膚の真皮にありますが、真皮幹細胞は線維芽細胞よりも血管に近い場所にあります。この真皮幹細胞はダメージを受けて弱ってしまった線維芽細胞があると新しく線維芽細胞を作り出します。つまり、真皮幹細胞を多く育てることが線維芽細胞を増やすことにつながり、体内でのコラーゲン生成を活発にすることにつながるのです。

 

コラーゲンの代謝について

 

コラーゲンは代謝にかかる時間がとても長く、真皮層で作られてから10年、20年の時間をかけて分解されていくものです。ですから身体の中で作り出されたコラーゲンがすぐに分解されるということはありません。コラーゲンは貯金ができるものですから普段から良質な食生活を送り効率よくコラーゲンを生成していきましょう。

 

コラーゲンの分解は紫外線を受けることによる分解酵素の増加で加速します。分解酵素はコラーゲンを分解してしまうので普段から紫外線を多く浴びている方などは日焼け止めなどで紫外線対策をすることが大切です。紫外線による日焼けを放置していると肌のたるみやシワの原因にもなってしまいます。若い頃からできるだけ日焼け対策をして分解酵素を少なくするよう心がけましょう。

 

 

さきほどご紹介した線維芽細胞によって作り出されるヒアルロン酸とエラスチンはコラーゲンと協力して肌の健康状態を良好に保つために頑張っています。特にヒアルロン酸は水分保持力を保つためには重要で、ヒアルロン酸1グラムで6リットルもの水分を抱え込むことができるそうですが、ヒアルロン酸は一日に約半分もの増減がありますので常に作り出し、補っていく必要があります。

 

肌の中のコラーゲンは皮膚の上から塗るだけでは増やすことはできません。身体の中から作り出していく必要がありますので、線維芽細胞を活性化するビタミンCやイソフラボン、レチノール配合化粧水などを使ってコラーゲンを増やしていきましょう。