導入液

導入液はスキンケアの効率を良くしてくれます

 

肌の中ではセラミドやヒアルロン酸やコラーゲンといった美容成分が作られています。セラミドは肌の水分の蒸発を防ぎ、ヒアルロン酸は水分を吸収することで肌を潤わせます。そしてコラーゲンは、肌に弾力をもたらしていて、これらが日々生成されているため肌はつややかでハリのある状態を維持できているのです

 

しかしいずれの美容成分も、加齢または心身の疲労によって作られにくくなります。すると肌からは潤いやハリが失われていきます。これによりカサつきやくすみ、シワやたるみといった肌トラブルが生じやすくなるのです。これらトラブルを防ぐために多くの人がローションや美容液といった基礎化粧品を使ってスキンケアをしています。基礎化粧品にはセラミドヒアルロン酸コラーゲンを始めとした様々な美容成分が配合されています。そのためスキンケアに使えば肌での美容成分不足や肌トラブルを防ぐことができるのです。

 

ところが肌トラブルが長く続いていた場合、こういった基礎化粧品はスムーズに肌に吸収されません。なぜなら肌はトラブルが続くと表面に硬い角質を形成するようになるからです。これ以上トラブルを増やさないために硬い角質で身を守ろうとするのです。角質は外部からの刺激をブロックすることで肌を守りますが、同時に基礎化粧品をもブロックします。美容成分が浸透しないわけですから、その状態の肌ではスキンケアの効果が出にくいと言えます

 

こういった事態を改善するために使われている基礎化粧品が導入液。角質は弱酸性をしているのですが、導入液には酸性とは真逆のアルカリ性の成分が配合されています。そのため導入液を使うと角質は弱酸性という本来の性質を維持できなくなります。そしてそれと同時に硬度が下がり、ほぐれるかのように柔らかくなっていきます。この状態でローションや美容液を使えば、肌には美容成分がスムーズに浸透していきます。つまりスキンケアの効率がアップし、より高い美容効果が出ることになるのです

 

 

さらに、導入液はそのほとんどが水分でできています。ですから、使用することで肌の角質をほぐしながら奥深くへとどんどんしみ込んでいくことができるのです。まるで乾いた土に水をかけたかのように、スーッと吸収されていくのです。これにより肌の内部には、水分の通り道ができます。その後でローションや美容液を使うと美容成分が水分の通り道を使って内部へと入り込んでいきます。つまり導入液には、角質のブロックを解除するだけでなく、美容成分の浸透を一層スムーズにさせるという効果もあるわけです

 

しかも解除された角質のブロックは時間が経過するにつれて戻っていきます。すると肌は元のように硬い角質に覆われることになります。これにより肌は再び外部からの刺激を受けにくくなるのです。さらに内部に浸透した水分や美容成分が逃げにくくなります。硬い角質が覆っているため蒸発せずに肌の内部に留まりやすくなるのです。セラミドやヒアルロン酸やコラーゲンが長く肌に存在し続けるということですから、肌では良い状態が続きやすくなりくすみやシワなどの肌トラブルが起こりにくくなるわけです。

 

このように導入液には様々な美容効果を期待することができます。導入液を毎日のスキンケアで活用していれば、たとえ美容成分の生成量が大幅に少なくなったとしても健やかな美肌を維持することが可能となります。過度なブロックが不要となり、角質は柔らかく正常な状態に戻っていくのです。そのため、現在導入液には高い人気があります。現在では高齢化や女性の社会進出により加齢や疲労による肌トラブルに悩む人が増えています。そのことからも導入液の需要は高まってきているのです。