導入液 肌の弾力

導入液で肌の弾力を効率良くアップ

 

赤ちゃんの肌を触るとその弾力に驚かされることがあります。肌の弾力はコラーゲンによってもたらされていますが、コラーゲンの分子は細長い形をしており、肌の内部で何本も交差しネット状になることで肌に弾力を与えています

 

しかしコラーゲンの量は加齢によって徐々に減少していくもの。それに伴いコラーゲンのネットは目の粗いスカスカとした状態になり、肌の弾力は低下していきます。女性の肌が年をとることでたるんできたりシワになったりするのはコラーゲン不足が原因。このことから多くの人々がアンチエイジングケアとしてコラーゲン配合の基礎化粧品を使っています。肌のコラーゲン不足を基礎化粧品で補充することで肌の弾力を保ったり取り戻したりしているのです。

 

ところがコラーゲンは分子が長いので、肌の外側から補充してもうまく浸透しなという欠点があります。肌表面には異物が侵入することを防ぐ角質があり、この角質がコラーゲン分子の浸透を妨害しているのです。その解決策として肌の弾力を効率良くアップさせるために多くの方がスキンケアの前に導入液を使用しています

 

導入液のメリット

 

 

導入液はアルカリ性の成分で作られているのですが、アルカリ成分には角質を構成しているたんぱく質を柔らかくする性質があります。そのため導入液を使用することでお肌をギュッとガードしていた角質がほぐれていき、多くの美容成分を浸透させることができるようになるのです。。導入液を使った後にすかさずコラーゲンを与えるようにすれば通常よりもスムーズに、なおかつ奥深くまで美容成分を浸透させることができます。

 

しかし導入液の効果は一時的なものでしかありません。導入液の効果も徐々に薄れ、柔らかくなった角質も元の状態へと戻っていくのですが、これは悪いことではありません。表面が固くなり再びガッチリと表面が覆われるわけですから、浸透したコラーゲンは肌の外に出ていきにくくなります。つまり導入液の使用後はコラーゲンが浸透しやすくなるだけでなく、肌の奥に残りやすくなるということです。使用直後に柔らかくなった角質が元の状態へと戻ると言っても弾力性はアップした状態。このダブルの効果で肌は弾力に富んだ状態となるのです。

 

また、導入液はコラーゲンだけでなくヒアルロン酸やプラセンタなど他の美容成分の浸透率や効果の持続性をも高めます。導入液自体に美容成分が含まれた製品もあるので、それらの導入液を使用すればより充実したアンチエイジングケアこうかを得ることができるでしょう。