コラーゲン不足 原因

コラーゲンが不足してしまう原因とは

 

コラーゲンが不足する原因には加齢によるものから食生活などさまざまな原因があります。体内のコラーゲン不足はお肌のハリやツヤにも現れてくるので女性にとっては深刻。20代をピークにどんどん減少していくコラーゲン不足をどうやって補っていくのかについて、良い方法をご紹介していきますが、まずはコラーゲン不足になる原因から。

 

コラーゲン不足になる一番の原因は加齢によるものです。50代にもなると20代の頃の半分以下にまで生成能力が下がると言われているコラーゲン。その他にも紫外線や過激なダイエット、偏食など栄養バランスを考えない食生活を送ることもコラーゲンが不足してしまう原因となります。では、コラーゲンが不足するとどうなるのでしょう?

 

 

不足すると、まずお肌のハリが無くなり潤い不足で角質化した肌は弾力を失ってしまいます。コラーゲンは人の身体を形作る成分でもあり、爪や骨(軟骨)、髪の毛や血管などの材料にもなっています。コラーゲン不足は骨粗鬆症や動脈硬化、爪が割れやすくなったり血管が弱くなるなどの悪影響を与えてしまうことにもなります。

 

不足したコラーゲンは身体の内側から補う方法と外側から補っていく方法とがありますが、コラーゲン生成を助ける働きのあるビタミンCを積極的に摂取するようにすると良いでしょう。

 

コラーゲンを補う方法

 

コラーゲンを補う方法として一番おすすめなのが体内から吸収されやすい低分子コラーゲンで補給すること。今時人気の食べるコラーゲンなどは料理に混ぜたり飲み物に混ぜたりして摂取することができるので、出先に持ち運ぶなどしていつでも手軽に摂ることもできます。

 

 

また、コラーゲンはタンパク質の一つで魚や肉に含まれていますが、肉中心の食生活では効率よくコラーゲンを摂取することはできません。栄養のバランスを考えビタミンやミネラル、脂質などもバランスよく食べるようにして体内でのコラーゲン生成を助けるようにしましょう。コラーゲンを多く含む食べ物には手羽先フカヒレ軟骨豚足などがあります。

 

身体の外側からは吸収されにくいとされているコラーゲンですが、超微粒化したコラーゲンやナノカプセル化されたコラーゲンなら身体の外側からでも摂取することは可能です。人間の体内に存在しているコラーゲンは三重のらせん構造をしています。この三重らせん構造を保った生コラーゲンは肌への親和性が高く、お肌の生理作用を正しい方向へと導いてくれます。

 

 

先程コラーゲンを含む食品をご紹介しましたが、手軽に良質なコラーゲンを摂るにはサプリメントが便利です。コラーゲンを摂取したとしても一度分解されてから、再度コラーゲン生成が行われます。その点、サプリメントならコラーゲンの生成に必要な栄養素が揃っていますので効率よく体内でコラーゲンを生成することができます。