コラーゲン 年齢

コラーゲンは年齢とともに減少していく

お肌の潤い、ハリをもたらしてくれると人気のコラーゲンですが、コラーゲンは年齢を経るとともに減少していくもの。コラーゲン量のピークは20歳頃と言われているので成人女性はみななんらかの対策をしなければいけません。

 

人間の身体の中ではコラーゲン分子の中にヒドロキシリジンという物質を作り、コラーゲンの量を一定に保つようにしています。ですが、20歳を過ぎる頃からヒドロキシリジンを支えている他の物質の働きを阻害するようになってくるのです。詳しく説明すると、コラーゲンは他の物質よりも代謝が早いためグルコースが糖化反応をおこしてコラーゲン分子の中にAGEsという物質を蓄積していきます。このAGEsがコラーゲンを支えている他の物質を邪魔するようになるのです。

 

マウスによる実験ではコラーゲン線維の糖化反応でコラーゲンを作り出す線維芽細胞の働きが鈍くなることがわかっています。このことは年齢とともにコラーゲンの作り出される速度が遅くなることを意味しています。年齢を経るとともにコラーゲンの生成が遅くなり、病気になりやすくなっていくのです。

 

肌の老化とコラーゲン

 

身体の中のコラーゲン量が減少すると肌の弾力が失われ、しだいにシミシワが目立つようになってきます。さらにコラーゲンの量が減ると骨の弾力性も無くなり骨粗鬆になることも分かっています。よほどコラーゲン量が少なくならないと骨粗鬆症になる心配はありませんが、日頃からコラーゲンの量を減らさない努力をすることを忘れてはいけません。

 

コラーゲン量の減少による不具合は他にもあります。体中に張り巡されている血管はとても重要なものですが、コラーゲンは血管の柔軟性を保つためにも重要なもの。不足してしまうと血管が破れやすくなってしまいます。また、免疫力の低下にもつながってしまうので日頃からコラーゲンの減少には気を配る必要があります。

 

コラーゲン量が減ると老化しやすいとわれていますが、特に老化しやすいのは糖尿病を抱えている方だとされています。糖尿病の方はコラーゲンの糖化が進みやすく、さらに注意が必要だと言えます。

 

コラーゲンを増やすには?

 

最近はコラーゲンはそのまま口からとっても意味は無いと言われることがあります。ですが、ある実験では一日5000mgのコラーゲン摂取をしたところ、コラーゲン密度の増加がみられたという結果がでています。その実験では、さらに低分子化したコラーゲンを飲み続けることで体内のコラーゲン量を増やすことができたそう。

 

通常、コラーゲンを体内へ取り入れるとアミノ酸に分解されてすべてのコラーゲンが体内へ取り込まれるということはありません。ですが低分子化されたコラーゲンはアミノ酸に分解されること無く体内へ吸収することができるのです。経口摂取では意味が無いのではなく、低分子化したコラーゲンを取れれば経口摂取でも十分コラーゲンを増やすことはできるのです