美容液とは

美容液とは

 

化粧水に美容液、導入液にクリームなど基礎化粧品にはいろいろありますが美容液とはどのようなものなのでしょう。基本的に美容液は化粧水よりも濃度が高く、美容成分が多く含まれています。美容成分が多いだけあり、トロっとしたテクスチャが多いですが水溶性の成分が多ければサラッとしたテクスチャになります。美容液には美白、シワ、毛穴、シミ・くすみ、保湿対策などの種類があり、肌へそれぞれの栄養素を届ける栄養剤のようなものと言うことができるでしょう。

 

美容液には高価なものが多く、小さなボトルに入っているにも関わらず値段の高い製品がほとんど。ですが、だからといって少しずつ使っていては美容液の効果を十分に発揮することはできません。肌の深いところには真皮層というお肌の土台となる部分があります。この土台が崩れることからお肌の衰えははじまります。この真皮層まで栄養素を届けることができる美容液を選びだすことが大切です。

 

先ほどもお伝えしましたように美容液には美白や保湿などさまざまな種類があります。自分の目的に合った美容液で集中的に対策していくというのが美容液の役割。次のコンテンツでは目的に合った美容液を選び出す方法をご紹介していきます。

 

美容液の選び方

 

上手な美容液の選び方としては保湿をメインに考え、それぞれの悩みに合わせて目的の美容液を選ぶことです。保湿美容液を選ぶ時にはセラミドが配合されているかを見ればいいでしょう。セラミドは化粧水よりも美容液から摂取するのが効果的で、肌の成分に近いラズベリーセラミドが配合されたものを選ぶことも効果的です。

 

美白目的、シミ対策で美容液を選ぶなら美白成分配合の美容液を選びましょう。パッケージの「美白」や「ホワイト」といった目立つ言葉には騙されず、しっかりと美白成分が含まれているものを選びます。厚生労働省が認めている美白成分としてはビタミンC誘導体やアルブチン、リシノールやリノール酸、トラネキサム酸やプラセンタエキスなどがありますが、これらの成分が配合されている美容液を選べば間違いはないでしょう。

 

シワ対策、たるみ予防が目的ならばエイジング成分配合の美容液。シワやたるみは真皮層のコラーゲン不足が原因です。お肌の中で作り出すコラーゲンやエラスチンの生成をサポートする成分が配合されているかに着目します。具体的にはレチノールやナイアシン、ビタミンC誘導体や抗酸化成分、オウゴンエキスや各種植物ポリフェノールなどが配合されているかを確かめてみて下さい。

 

美容液の使い方

 

使用している美容液の効果を実感できるまでには時間がかかるもの。2、3回のサンプル品では効果を感じることはできません。最低でも一ヶ月、できれば二ヶ月くらいは使ってみて判断するようにしてください。多くの美容液は化粧水の次に使用するはずですが、まずは使用する美容液の説明書を読んでみてください。それぞれの製品により浸透しやすい順番というものがあるのでこの点はしっかりと確認しましょう。

 

化粧水などに比べ、美容液は価格が高めになってきます。お金がもったいないからとプチプラ美容液を購入してもその効果を十分に発揮させることはできません。美容液の効果を感じるためにはある程度有効成分が入っている必要があります。個人的には3,000円以上の美容液を購入することで美容液選びで失敗する可能性を低くすることができるでしょう。