生コラーゲン 美容液

なぜ生コラーゲン美容液なのか?

人の体の中に存在しているコラーゲンは高い保湿力を持っています。ですがコラーゲン自体は分子レベルの世界ではサイズが大きく肌の上からでは浸透させることができないんですね。そこで開発されたのが生コラーゲン。

 

生コラーゲンは体内にある普通のコラーゲンよりもサイズが小さくお肌への浸透力も高いのです。コラーゲンドリンクやコラーゲン入り化粧水を使うよりも肌へのコラーゲン浸透を進めるためには生コラーゲンを利用してキメ細かく透明感のあるお肌にしていきましょう。

 

生コラーゲン美容液ランキング

 

リポコラージュ ラメラエッセンスC
世界初のフェース生コラーゲンで乾燥小じわ、目元・口元、ほうれい線周りに生コラーゲン注入!エイジングケア製品として最適なラメラエッセンスCは累計400万本突破の超人気製品。その技術は本物で医学雑誌にも論文が掲載されたほど。一本あたり23兆個ものフェース生コラーゲンが入っていて肌の角質層までコラーゲンを届けてくれます。集中実感コースでは使用後でも全額返金OK。合成界面活性剤不使用のラメラクレンジングプレゼントの特典付きです。
価格 効果 総合評価
税抜5,700円 生コラーゲン,美容液 生コラーゲン,美容液

 

リペアジェル トライアルキット
年齢肌のために開発された独自のエイジングケア成分を配合した「リペアジェル トライアルキット」は92.2%もの皮膚科医が使い続けたいと回答したという美容液。その技術は医学誌にも掲載されたという確かなもので美容成分100%。水を一滴も含まない年齢肌の方のために作られた100%植物由来の美容液です。トライアルキットは2週間分で定価8,000円相当が1,900円というお値段で手に入れることができます。諦めかけていたお肌の悩みをケアするためのオールインワン美容液をぜひお試しください。
価格 効果 総合評価
税抜1,900円 生コラーゲン,美容液 生コラーゲン,美容液

 

スキンケアクリーム ナノアルファ
「生コラーゲン」スキンケアクリーム ナノアルファは世界品質のコラーゲン。9,000兆個ものコラーゲンを1,080円で試すことができます。生コラーゲンの元祖が開発した水疱力の高い生コラーゲンと超微粒子ナノコラーゲンをお肌へ届けることができます。お客様からの声では「本来の肌のさわり心地を思い出しました」とか「ベタつかないのが気に入りました」、「お肌に少し張りがでてきた?」など多くの喜びの声が届いています。美容液でなくクリームではありますが9,000兆個ものコラーゲン、低価格で試すことができるとしてランキング入りさせていただきました。
価格 効果 総合評価
税込1,080円 生コラーゲン,美容液 生コラーゲン,美容液

 

アスタリフト エッセンス デスティニー
アスタリフトの「エッセンス デスティニー」はトマト由来のリコピンをナノ化したナノリコピンを配合。抗酸化力の高い成分をナノ化することで浸透力を高め、より高いアンチエイジングケア効果が期待することができます。その他にアスタキサンチン、レスベラトロールという抗酸化成分も含まれ、これら3つの成分が相乗効果で抗酸化作用を発揮します。アスタキサンチンはエビやカニの殻から抽出したエキスでビタミンEの1,000倍の抗酸化力があるとか。はじめての方は1,080円のベーシックトライアルキットを購入するといいでしょう。
価格 効果 総合評価
税込1,080円 生コラーゲン,美容液 生コラーゲン,美容液

 

エムズワン 生コラーゲン ナノインパクトプレケアエッセンス
ナノインパクトプレケアエッセンスの特徴はフェース生コラーゲン配合でお肌に浸透しにくい生コラーゲンをナノカプセルに巻きつけ浸透しやすくさせた特許出願済みの成分であること。ナノインパクトは生コラーゲンを角質層まで届け、すばやく角質層の中のラメラ構造を整えてくれます。ラメラ構造の整ったお肌はバリア機能が正常に働いてくれ、肌に潤いとハリを与えてくれます。こだわりの無添加でバラベン、アルコール、香料、色素、合成界面活性剤などは配合していません。
価格 効果 総合評価
税込4,627円 生コラーゲン,美容液 生コラーゲン,美容液

 

 

 

 

 

やはり一番のおすすめはリポコラージュ ラメラエッセンスC。お値段は少々高めではありますが使った後でも全額返金保証がありますし、生コラーゲンの含有率はナンバーワン!これだけ質の高い生コラーゲンは他には無いと思います。

 

 

生コラーゲン美容液の作り方(溶解の仕方)

 

生コラーゲンはとてもデリケートな成分で通常の製品ではフリーズドライさせた状態の生コラーゲンを溶解させる形で使用することになります。ここで言う溶解というのはフリーズドライさせた生コラーゲンを溶解液と混ぜてフェース生コラーゲンを作り出すことです。容器の中に入った液体を容器ごと振ることを溶解すると表現することもありますが、生コラーゲンの場合は別に準備された溶解液と混ぜ合わせることでフェース生コラーゲンを作り出します

 

たとえばランキング1位としたラメラエッセンスCのフェース生コラーゲンはこのようにして作り出ります。

 

 

生コラーゲンは溶解前は常温保存でいいのですが、溶解後のフェース生コラーゲンになると冷凍保存が必須です。とてもデリケートな成分ですので要介護は速やかに使用することをおすすめします。ラメラエッセンスCの場合は1ヶ月以内を目安に使い切るようにしましょう

 

 

フェース生コラーゲンとは?

 

フェース生コラーゲンについてお伝えする前に、まずは生コラーゲンについてご説明させて下さい。最近よく耳にするようになった生コラーゲンですが、実はコラーゲンにはいくつかの種類があって加水分解コラーゲンゼラチンコラーゲン生コラーゲンという種類があります。

 

この中でも一番保水力に優れているのが生コラーゲン。ですが生コラーゲンは加水分解コラーゲンやゼラチンコラーゲンに比べ分子が大きく角質層までは浸透させることができないのです。ならば加水分解コラーゲンやゼラチンコラーゲンを浸透させればいいのではと思うでしょうが、加水分解コラーゲン(ゼラチンコラーゲン)は本来の形よりも分解しているために保水力が落ちてしまっています。

 

加水分解コラーゲン(ゼラチンコラーゲン)に比べ生コラーゲンは体内にある状態の構造を保っているため、その保水力は加水分解コラーゲン(ゼラチンコラーゲン)の6倍はあるそうです。そんな生コラーゲンですが熱に弱く少しでも温度管理を怠るとゼラチンコラーゲンになってしまい保水力が落ちてしまうのです。

 

そんな分子の大きい生コラーゲンを角質層まで届けることができる技術から生まれたのがフェース生コラーゲン。肌とほとんと同じ成分のラメラナノカプセルというものに生コラーゲンを巻きつけたものをフェース生コラーゲンと言うのですが、この状態だと角質層まで届けることができるとのこと。「ラメラ」という名前が付いている場合、ラメラナノカプセルに生コラーゲンを巻きつけていると思っておいていいでしょう。

 

フェース生コラーゲンの保湿の力

 

フェース生コラーゲンの作り方は先程ご紹介しましたが、実際に作ってみると無力透明で少しとろみがある液体です。これを肌に乗せるとすっと馴染んでするっと伸びます。そのあまりの伸びの良さにびっくりするほど。手のひらにくっついてきてお肌がモッチモチになります。

 

この生コラーゲンの保湿力はものすごく、湿気の多い季節でもメイクがドロドロになるといったことがありません。朝お化粧をして出かけ、夕方になっても化粧がよれたりしませんし、頬のファンデやチークもしっかり色落ちせずに残っています。

 

女優さんやモデルさんなど多くの美しい女性が愛用しているという生コラーゲン。はじめて使う時はその保湿力にびっくりされることでしょう。

生コラーゲンについて

ここで一度生コラーゲンについて触れてみましょう。生コラーゲンというのは肌の中に存在するT型コラーゲンと同じ構造を持つコラーゲンのこと。体内の28種類ものコラーゲンのうち、皮膚の水分保持力、張りを与える効果のあるT型コラーゲンの三重螺旋構造を保ったまま抽出したものです。

生コラーゲンは三重螺旋構造を保ちつつ秀出するため熱を加えることができません。普通の加熱処理されたコラーゲンと比べて2倍の水分保持力を持っているそうです。

 

お肌のコラーゲンチェック

お肌のコラーゲンを簡単にチェックすることができます。そのチェック方法というのは鏡を床かテーブルの上に置いて上から覗き込むようにして自分の顔をみるだけ。お肌のコラーゲン量が減ると皮膚が余り、シワが多く見えるはずです。

 

お肌にたるんだ感じがあれば肌の中のコラーゲンが少ない証拠です。コラーゲンがお肌の張りを支えてくれているのでこの方法でたるみをチェックすれば自分のコラーゲンの状態を知ることができます。お肌のコラーゲン量は20歳で100%だとすると40歳で50%。60歳では30%近くまで減ってくるそうです。

 

継続しなければ意味がない?

 

よくある通信販売の方法で初回無料や一回目の購入だけ激安価格で購入できる商品があります。ですが生コラーゲンの効果を十分に得るためにはある程度の期間使用しなければいけません。実際に生コラーゲンを使用するとすぐにでも効果を実感することができます。ですが生コラーゲンの本来の効果であるアンチエイジング効果が現れてくるまでにはある程度の時間がかかります。

 

生コラーゲンは賞味期限ならぬ使用期限が厳しく限られています。一度空けてしまうと残りを保存するにも冷蔵庫で保存し続けなければいけません。取り扱いにも他の化粧品より気を使わなければいけないので長く続けることを決めてから購入するようにしましょう。

 

効果的な使い方

生コラーゲンは普通のコラーゲンとは違い取り扱いにも気を使わなければいけません。商品を購入したら説明書が入っているかと思うのでまずは説明書を熟読して下さい。はじめて使う場合は1滴から2滴ほどを化粧水などに混ぜて試しに使ってみます。

 

まずは顔半分に塗ってみます。効果を高めたい目元や目尻など重ね塗りするとより効果的です。頬のような広い面には手の腹を使って塗りつけます。手のひらで頬を包み込むように上方向へ引き上げて30秒間キープ。10分後くらいにもう一度お肌の感触を確認してみて下さい。プリプリ、モチモチのお肌になっているはずです。

美容液について

生コラーゲンが肌の角質層まで浸透することは分かりました。では基本的なこと、美容液についてあなたはどれくらいご存知でしょうか?一般的には美容液は保湿・美白などの効果を発揮してくれる美容成分を含んだスキンケア化粧品の一つだと認識されているようです。常に外気に触れている顔全体はもちろんのこと顔以外の部分でも気になるところに使用できるなどお肌の悩みを解消してくれるアイテムだとされています。

 

では美容液の着ける順番や役割はどうなっているのでしょう。美容液はその成分を肌の奥まで届けることが目的とされています。ですから目的がある場合、例えば肌の保湿力を高めたい!日焼けによりできたシミ・ソバカスを治したいというようなはっきりとした目的があるときに美容液を使用するというのがよくある使い方です。

 

敏感肌で肌の乾燥が気になる方は若いうちから美容液を取り入れることをおすすめします。女性は人それぞれに肌のタイプや悩みなどが違うもの。美容液に使える予算にも限りがあるでしょう。何も高いものが効果が高いというわけではありません。自身の環境に応じて上手に美容液選びをして活用していきましょう。

 

美容液の順番

 

美容液にも着ける順番というものがあります。具体的には美容液は一度化粧水で肌を整えてた後、基礎化粧品を塗る前に使用するものです。以下のような流れで一連のステップとなります。

 

@クレンジングでメイクを落とす
A洗顔で肌の汚れやメイクを落とす
B化粧水で肌に水分を閉じ込める
C美容液で肌に栄養素を与える
D乳液、クリームで油分を補う

 

使用する美容液によっては化粧水を使用する前に使うタイプもあります。はっきり言うと美容液という言葉の意味、定義がはっきりと決まっているわけではありません。使用する製品によっては順番や使い方、自身の肌の状況により使用量なども考慮し、自分で判断しながらメンテナンスしていく必要があります

 

美容液の種類と選び方

 

美容液の種類を細かく分けるといくらでも細かく分けることができますが、目的で絞ると保湿・美白・エイジングの3つの種類に分けることができます。自分の肌に対して今どんな悩みがあるのかを考え、自身の肌に合わせた美容液を選び出すといいでしょう。

 

保湿タイプの美容液としては保湿成分ヒト型セラミドの5種類が配合されているもの。保湿効果の高いヒアルロン酸、NMFなどが含まれているものを探してみて下さい。美白を求めるならトラネキサム酸など角質層まで浸透することのできる美白成分を含む製品。エイジングケアには保湿成分セラミドナノスフィア、整肌成分CVアルギネートなど肌にハリを与えることができるものを選ぶといいでしょう。

効果を高める美容液の使い方

では次に美容液の効果を高めてくれる美容液の魅力を引き出す使い方をご紹介していきます。美容液を使用するポイントをいくつかの種類にしぼってお伝えしていこうと思います。

 

@化粧水を馴染ませた後に美容液を使用する

 

洗顔で顔の汚れやメイク汚れをした後にすぐ美容液をつけるわけではありません。洗顔の後は化粧水を使用して顔全体に馴染ませた後に美容液をつけていきます。化粧水はハンドプレスをしっかりして肌にしっかり馴染ませてから美容液をつけます。化粧水の成分が肌にしっかり浸透しているほど美容液もより浸透しやすくなりますので効果を上げるためにもハンドプレスは重要です。

 

A美容液は多すぎず少なすぎず

 

美容液がもったいないからといって少量をつけるということは止めて下さい。使用する量はその商品の開発会社によっても目安となる量が違います。使用前に事前に使う目安を確認しておくようにします。特に表示されていなければ自分が思う適量を使用すればいいのですが、少ないよりは多く使用することをおすすめしておきます。

 

B気になる部分は重ね塗り

 

目元や口元などは乾燥しやすい部分。皮膚も薄い目元などは美容液を多く使い、重ね塗りすることで効果を高めることができます。洗顔後の化粧水をハンドプレスするときに自分の肌の状態を確認し、その状況に応じて美容液の量を調節してみましょう。慣れてくれば自分の肌の調子を知ることができるようになってきます。

 

C毎日継続することが大事

 

美容液は集中的に使用するというものではなく、毎日使い続けることで効果を発揮するものです。毎日使用し続けることで少しずつ効果を高め、その効果を継続しやすくしていくことができます。毎日続けるためにはコストパフォーマンスも考える必要がでてくるでしょう。そういうところも考慮しながら自分に最適な美容液を選んでください。

 

最後になりますが美容液を選ぶ目的、自分の肌の悩みに対してどの製品が必要なのかをよく考えて置いてください。美容液だけではなく、多くのスキンケア用品はそれぞれの役割を知ることによって効果的にお肌のメンテナンス効果を高めていくことが可能です。きちんと理解、吟味して美容液を選ぶことでとても魅力的な肌を手に入れることができるはずです。見た目も中身も本物のすこやかで潤った肌を目指して頑張りましょう。

生コラーゲンの作り方

ここまで生コラーゲンについてお伝えしてきました。ここでは化粧品に配合されている生コラーゲンについてご紹介していますがコラーゲンドリンクやサプリメントでも「生コラーゲン」製品が販売されています。ですが、それらの製品は名前だけで実際に生コラーゲンを使用しているわけではないようです

 

サプリメントはコラーゲンドリンクで使用されているコラーゲンは「コラーゲンペプチド」と「ゼラチン」を配合したもので、コラーゲンペプチドにゼラチンを混ぜることでコラーゲンペプチドを安定させ、サプリメントやドリンクに配合しやすくしています。少し前までは化粧品に配合されているのもゼラチンでしたが、生コラーゲンが開発されてからと言うもの生コラーゲン配合化粧品が急に増えてきています。

 

コラーゲン(コラーゲンペプチド)を肌に塗って浸透させるというのは間違った知識でしたが、今ではコラーゲン(生コラーゲン)を肌に塗って浸透させるというのは正しい知識となりつつあります。取り扱いの難しい生コラーゲンがどうやって作られているのか?それをこれからご紹介していきましょう。

 

生コラーゲンの作り方

 

生コラーゲンは3重の螺旋構造になっています。この螺旋構造が崩れたものがゼラチンで可用性のコラーゲンということになります。生コラーゲンは人間の身体の中にあるT型コラーゲンと同じ構造をしていて螺旋構造を維持したままのコラーゲン。とても取り扱いが難しく製造過程でも相当な手間を掛けて作られています。

 

【生コラーゲンの製造工程】

 

不溶性コラーゲン繊維をアルカリ性の条件下で分解

分解した可溶化コラーゲン水溶液を取り出す

可溶化コラーゲン水溶液から可溶化コラーゲン繊維束を作る

可溶化コラーゲン繊維束を乾燥させる

 

以上の工程を2ヶ月もかけ生コラーゲンを製造していきます。このような工程で製造された生コラーゲンはコラーゲン(ゼラチン)に比べて2倍の保湿力があることが分かっています。この保湿力の高さが話題となり、生コラーゲンが人気となっているのです。

 

生コラーゲンサプリメント

 

最近見かけるようになっていた生コラーゲン配合のサプリメント。私は生コラーゲンの保存、取り扱いが難しいことが分かっていたのでサプリメントに生コラーゲンを配合することができるのか?と常に疑問を持っていまいた。よく調べてみるとやはり生コラーゲンは配合されていないようです。その製品の言い分では新鮮さという意味で「生」というのをつけているようでした。

 

巷でよく見かける生コラーゲンサプリメントや生コラーゲンドリンクには本当の生コラーゲンは入っていません。例外として「アテロコラーゲン」が配合されたものは生コラーゲン配合と判断してもいいですが、ただ生コラーゲン配合ということだけならコラーゲンペプチドを配合していると思って間違いないでしょう。